不動産投資を成功させるにはノウハウが必要




低金利が続く中、不動産投資に興味を持つ方が増えています。特にサラリーマンの方で不動産投資にチャレンジする方が多いです。低金利を生かして、低利の不動産ローンを組むことができるからです。

しかし、低利といっても不動産の購入は高額なものです。例えば、都内で中古マンション1室を購入する場合、ワンルーム程度の大きさの部屋でも2000万円程度はかかりますし、アパート1棟の購入となると1億円を超す物件もあります。

物件が高額なために、それに伴う様々な不安要素もどんどん大きくなってしまい、最初の1歩を踏み出すことができない人も多いのです。
もちろん、不動産投資にはリスクがあります。だからこそ、そのリスクをしっかりと理解し、これなら自分の責任で踏み出せるというところまで納得することが必要です。

また、継続的に不動産投資を行うのであれば、マンション1部屋だけで終わらせたり、アパート1棟でその後の融資を得ることができないということは避けたいですよね。
そのためには、初めにどのような物件を購入するのかが非常に重要になります。1つ目の物件の収支がよいと、それは次の物件購入にあたっての融資を受ける際に大きなプラス材料となります。





不動産収入が今の給料を上回り、最終的には専業大家になって早期リタイアを目指す!ということであれば、そこまでを念頭に置いたノウハウが必要です。

ご紹介する「頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法」はまさにそういうノウハウが詰まったものといえるでしょう。

今田信宏氏が10年以上に渡りコンサルティングをしてきた実績と検証の結果「この方法こそが最短でリタイアできる」と実証された不動産投資法を、不動産投資で成功した西山明氏がさらに手を加えてできたものが『光速』収益不動産投資成功法なのです。




公式サイトはこちら

不動産投資に対する不安は...ノウハウで解消!


不動産投資を始めるにあたって不安に思うことを挙げてみます。

不安その1 高額のローンを組むことへの恐怖
住宅ローンよりもはるかに高額のローンを組むことへの不安がやはり大きいですよね。しかし、不動産投資は毎月の返済額以上の家賃収入を得るものですから、負債ではなく資産になるものです。


不安その2 空室が生じるリスク
家賃収入でローンを返済する以上、空室が生じるとその分を穴埋めする必要があります。しかし、空室リスクは分散させることができるのです。戸数の多いアパートであれば、そのうち1室が突然空室になったとしても他の部屋からの家賃収入で賄うことが可能です。


不安その3 物件の老朽化に伴う出費
物件が老朽化すると修繕が必要になります。そのため、家賃収入の何割かは万が一のために残しておくと安心です。また、古い物件のような修繕が必要な物件を安く購入し、修繕を施すことにより、築年数が同じ物件と比べて高めの家賃で賃貸に出すことができることもあります。


不安その4 よい物件が取得できるかという不安
タイミングというものが大きな要素にならざるを得ませんが、普段から物件情報に対してアンテナを高くして、不動産情報に触れておいたり、融資してもらいたい金融機関との関係をよくしたりすることで、よい物件が出てきたときにライバルに先手を打つことができます。


不安その5 継続的に物件を増やしていけるかという不安
不動産投資を始めた後、もっと物件を増やしたいと思ったときに、次に融資を受けられるのかという不安もあります。金融機関によっては上限額が決まっていたりするので、そのあたりの情報収集が必要となります。



上で挙げたような不安を解消するには、ノウハウを学ぶことがとても重要です。
不動産等については市販の本も数多く出ているので、それらで基本的なところを学ぶことも大切です。





ご紹介する「頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法」は、価格20,000円(税抜)の情報なので、決して安いものではありません。しかし、早期リタイヤのために物件を買い進めたいという方には、その価格以上の価値を持つものといえます。




お申込みはこちら